コラム|入曽駅で歯科をお探しの方は【山田歯科】まで

04-2958-6664
〒350-1316
埼玉県狭山市南入曽585 大谷ビル2F
背景色の変更:
文字サイズの変更:
  • 電話
  • メニュー
歯が抜けたまま放置すると?

皆さんこんにちは。 山田歯科です。

 

むし歯や歯周病で歯を失っても、「一本ぐらいいいだろう」と考える人も少なくありません。

ですが、これは本当に正しいのでしょうか?

 

今回は歯が抜けたまま放置してはいけない理由をお話しします。

 

歯を失う原因は歯周病とむし歯

歯を失う理由の4割が歯周病、次いで3割がむし歯、残りはケガによる破損、親知らずや歯科矯正のための抜歯など、というデータがあります。

 

このように、歯を失う理由の多くが歯周病やむし歯といった病気によるものです。

 

歯を抜けたまま放置してはいけない理由

本来であれな、抜けた歯補うためや、歯が抜けないように病気の治療や予防を行うべきですが、「歯の1本や2本無くても問題ない」と放置してしまう方も意外と多くいらっしゃいます。

 

しかし、歯が抜けたまま放置することで、以下のようなリスクが生じます。

 

・歯がスペースに移動する

 

歯が抜けてできたスペースの両隣の歯が、隙間を埋めようと少しずつ移動していきます。

 

これによって歯並びが乱れてきて、次第にかみ合わせがおかしくなってきます。

 

かみ合わせが悪くなると、むし歯や歯周病のリスクが高まったり、全身のバランスが悪くなったりしてしまいます。

 

・かみ合うはずの歯が浮いてくる

 

ものを食べるとき、上下の歯がかみ合う状態が普通ですが、歯が抜けたままだと咬み合う歯がなく、徐々に歯が浮いてきてしまいます。

 

もしも歯が抜けたまま放置していて、かみ合うはずであった歯が伸びてきた気がする場合には、このような理由で歯が伸びていると感じてしまいます。

 

・歯槽骨が痩せてしまう

 

歯を支える「歯槽骨」は、外部からの刺激を受けない状態が続くと痩せてしまいます。

 

歯が抜けたまま放置していると、上下の歯がかみ合う刺激などが伝わらず、後にインプラント治療を行いたいと思っても、インプラント体を埋め込む歯槽骨が痩せてしまっているせいで治療を受けられなくなってしまいます。

 

また、歯槽骨が痩せてしまうと顔の輪郭にも変化が現れ、シワやたるみの原因となってしまいます。

 

まとめ

歯が1本くらいなくても食事の時に支障がないから、目立つ部分ではないから、と治療をせずに放置していると、あらゆる部分がおかしくなってしまい、残っている歯だけでなく、全身にまでトラブルを起こす原因となってしまいます。

 

歯が抜け落ちないようにすることも大切ですが、もし歯を失ってしまった場合にも、今は優秀な治療法がたくさんありますので、早めにご相談にいらしてください。

 

医院名 山田歯科
所在地 〒350-1316 埼玉県狭山市南入曽585 大谷ビル2
電話番号 04-2958-6664
URL http://www.dent-yamada.net/
業務内容 歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・小児矯正歯科
説明 狭山市入曽駅でむし歯・歯周病の治療や、小児歯科・インプラント・矯正歯科・入れ歯・義歯製作・予防歯科・審美歯科・ホワイトニング・口腔外科・訪問診療の歯医者なら山田歯科。入曽駅から徒歩1分、土曜も診療しているとても通いやすい歯科医院です。北入曽、水野、加佐志、下富、岩岡町など周辺地域からの来院もお待ちしております。