コラム|入曽駅で歯科をお探しの方は【山田歯科】まで

04-2958-6664
〒350-1316
埼玉県狭山市南入曽585 大谷ビル2F
背景色の変更:
文字サイズの変更:
  • 電話
  • メニュー
インプラントと他の治療の違いについて

皆さんこんにちは。

山田歯科です。

 

歯を失った際には、ブリッジか入れ歯、インプラントという3つの選択肢から治療法を選ぶことができます。

 

そこで事前に知っておきたいのがこれらの治療法の違いですよね。

 

ここでは、それぞれの治療法の特徴とインプラントとの違いについて簡単にご説明します。

 

ブリッジとの違い

ブリッジは、歯を失った本数が少ないケースに適応される治療法です。

 

1~2本が一般的で、それ以上になると入れ歯やインプラントでなければ対応できなくなります。

 

ブリッジは、両隣の歯を支えとすることから、比較的天然歯に近い噛み心地を手に入れられますが、健康な歯を削らなければならないというデメリットがあります。

 

また、インプラントとは違って人工歯根が存在していないため、時間の経過とともに顎の骨が痩せていくという現象も起こります。

 

入れ歯との違い

入れ歯は、歯を1本失ったケースからすべての歯を失ったケースまで、適応範囲が極めて広くなっています。

 

ただ、金属製の留め具などによって固定することから、噛み心地や安定度はインプラントに大きく劣ります。

 

また、顎の骨が痩せていくという現象も避けることができません。

 

天然歯に近い状態に回復できるのはインプラントのみ

インプラントには人工歯根が存在しており、その他の歯を犠牲にする必要がありません

 

審美性や機能性、耐久性も天然歯に限りなく近いといえます。

 

つまり、ブリッジや入れ歯が持つデメリットをすべて解消できるのはインプラント治療のみといえるのです。

 

まとめ

このように、インプラントとブリッジ・入れ歯には、実にたくさんの違いが存在しています。

 

いずれも失った歯を補う機能としては重要なものばかりです。

 

それだけに、とりあえず入れ歯を作ってみたけれど合わなくて困っている、といったお悩みを抱えている患者さまが非常に多くなっているのです。

 

そういった点から当院では、インプラント治療を積極的におすすめするようにしております。