コラム|入曽駅で歯科をお探しの方は【山田歯科】まで

04-2958-6664
〒350-1316
埼玉県狭山市南入曽585 大谷ビル2F
背景色の変更:
文字サイズの変更:
  • 電話
  • メニュー
銀歯とセラミックのちがい

皆さんこんにちは。 山田歯科です。

 

むし歯などの治療をした方であれば、「銀歯かセラミックか」と選択したことがある方は多いと思います。

 

これは詰め物や被せ物などの修復物をどちらの素材で作るか、ということです。

 

今回は、銀歯とセラミックの違いについてお話しします。

 

銀歯のメリット・デメリット

銀歯(金銀パラジウム合金)は保険診療で使える材料ですので、3割負担の場合、詰め物なら2,500~3,000円程度、かぶせものなら3,500~4,000円程度と、治療が安く抑えられます。

 

また、強度が非常に高く、割れることがほとんどない材質です。

 

ですが、銀歯は長期的に見ると様々なトラブルを起こすことがあります。

 

銀歯は接着部分が壊れやすいため、そこからむし歯菌が侵入して内部でむし歯が進行したり、銀歯に接している歯が欠けたりします。

 

また、銀歯は金属アレルギーの症状が出る場合があります。

 

セラミックのメリット・デメリット

セラミックは自由診療でしか使えない素材のため、銀歯に比べて治療費がかかってしまいます。

 

また、強度を保つために、症例によっては銀歯よりも深く歯を削る必要があります。

 

その一方で、セラミックにはメリットも多くあります。

 

接着剤に歪みが生じにくく、接着剤自体も強度と接着性が非常に高い保険外のものを用いるため、接着剤が壊れにくいです。

 

また、アレルギー症状を起こすことがなく、見た目が自然で劣化がないことも大きなメリットです。

 

セラミックをおすすめできないケース

セラミックはほとんどの場合に適用できますが、次のようなケースではおすすめできないこともあります。

 

  • 噛む力が極端に強かったり、歯ぎしりのくせがある場合は、セラミックが早期に割れてしまう可能性があります。
  • 虫歯の範囲が狭く、セラミックだと歯を削る量が多くなってしまう場合は、小さく削ってプラスチック系の材料で埋める方が有利な場合があります。
  • 土台となる歯に、重度の歯周病や歯根のヒビなどがある場合は、高価な歯を入れても長持ちしない可能性があるので、慎重に検討してセラミックの適否を判断します。

 

いずれの場合も「絶対にセラミックを使えない」というわけではありませんので、お口の中の状態と患者さんのご希望を十分考慮したうえで、納得のいく治療を選択できるようサポートいたします。

 

まとめ

銀歯かセラミックどちらを選択かは、治療する歯の部分などでも変わってくるでしょう。

 

どちらにもメリット・デメリットがあるため、当院では患者さまとじゅうぶん話し合い、ご納得いただいた方を選べるようにしています。

 

選ぶ際に疑問などありましたら、どうぞ遠慮なくご相談ください。

 

医院名 山田歯科
所在地 〒350-1316 埼玉県狭山市南入曽585 大谷ビル2
電話番号 04-2958-6664
URL http://www.dent-yamada.net/
業務内容 歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・小児矯正歯科
説明 狭山市入曽駅でむし歯・歯周病の治療や、小児歯科・インプラント・矯正歯科・入れ歯・義歯製作・予防歯科・審美歯科・ホワイトニング・口腔外科・訪問診療の歯医者なら山田歯科。入曽駅から徒歩1分、土曜も診療しているとても通いやすい歯科医院です。北入曽、水野、加佐志、下富、岩岡町など周辺地域からの来院もお待ちしております。