コラム|入曽駅で歯科をお探しの方は【山田歯科】まで

04-2958-6664
〒350-1316
埼玉県狭山市南入曽585 大谷ビル2F
背景色の変更:
文字サイズの変更:
  • 電話
  • メニュー
国産のインプラントを使うメリットとは?

皆さんこんにちは。

山田歯科です。

 

インプラントには、たくさんの種類が存在しています。

 

その数は世界で100種類以上に及びます。

 

そんな中、山田歯科では国産のインプラントを採用しているのですが、治療を受ける患者さまにとっては海外の製品との違いが気にところですよね。

 

そこで今回は、国産のインプラントの特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説します。

 

メジャーなインプラントは欧米人を基準に設計されている

インプラントメーカーで有名なのはヨーロッパですよね。

 

歯科用インプラント発症の地でもありますし、いろいろな種類のインプラントが開発されています。

 

当然のことながら、それらは欧米人を基準に設計されています。

 

それだけに、日本人には合わない部分というのが必ず生じてしまうのです。

 

国内メーカーのインプラントであれば、そうした問題を解決することができます。

 

京セラ製インプラントの特長

国内の大手メーカーである京セラは、日本人の顎の大きさや骨の形状に合ったインプラントを開発しました。

 

日本人による日本人のためのインプラント」と呼ばれるのはそのためです。

 

そんな京セラ製のインプラントであれば、顎の小さな日本人にも安全で確実なインプラント治療を実施することが可能といえます。

 

インプラントは人工臓器の一種?

インプラントは、体の中に半永久的に埋め込む装置であることから人工臓器の一種と捉えられることがあります。

 

ある意味、心臓のペースメーカーと同じくらい重要なものなので、できるだけ最適なものを選びたいものですよね。

 

国産インプラントであれば、それを実現できるといえます。

 

ただし、まだまだマイナーなインプラントなので、治療を受けることができる歯科医院は一部に限られるというデメリットもあります。

 

まとめ

このように、国内メーカーのインプラントであれば、日本人に適したインプラント治療を実現することができます。

 

当院でも採用している京セラ製のインプラントについてさらに詳しく知りたい方は、お気軽にご連絡ください。

 

実物もお見せしながらわかりやすくご説明いたします。