コラム|入曽駅で歯科をお探しの方は【山田歯科】まで

04-2958-6664
〒350-1316
埼玉県狭山市南入曽585 大谷ビル2F
背景色の変更:
文字サイズの変更:
  • 電話
  • メニュー
「なるべく削らない」むし歯治療

皆さんこんにちは。

山田歯科です。

 

当院では、患者さまの歯をなるべく削らないむし歯治療を心がけております。

 

歯は再生されることのない組織なので、削れば削るほどその寿命も縮まっていきます

 

そんなかけがえのない歯を可能な限り保存できるよう努めております。

 

初期のむし歯なら削らなくて済む

発生して間もないむし歯は、歯の表面に穴が開いていません。

 

この段階であれば、フッ素を塗布して再石灰化を促すことで、むし歯の進行を止めることができます。

 

正しいブラッシング法を実践すれば、一生涯削らずに、歯を残すことも可能なのです。

 

削る場合も最小限に抑える

歯の表面に穴が開いたむし歯は、歯科用のドリルで削らなければ治すことはできません。

 

当院はそういったケースでも、切削する歯質の量を最小限に抑えるように努力いたします。

 

むし歯菌に侵されていない健全な歯質を残し、病気にかかっている部分だけを取り除きます。

 

そうしたていねいなむし歯治療を施すことで、患者さまの歯の寿命を大きく延ばすことが可能となるのです。

 

定期検診で早期発見・早期治療

むし歯治療でなるべく削らないためには、早期発見・早期治療するのが一番です。

 

当院でも行っている歯の定期検診を受けることで、初期のむし歯も発見することが可能となりますよ。

 

ちなみに、定期検診ではむし歯の予防処置も併せて行っておりますので、むし歯になりにくい口腔環境を作り上げることも可能です。

 

ともあれ、天然の歯を一生涯使い続けるには、むし歯を重症化させないことが重要といえます。

 

まとめ

このように、歯質というのは一度失うと元には戻らない組織なので、可能な限り保存することが大切です。

 

重症化したむし歯では、歯の神経が死んでしまうだけではなく、歯そのものを失うことにもなりかねませんので、少しでも異常が認められたら当院までお越しください。

 

患者さまの負担の少ない、保存的な治療を優先してご提案いたします。

 

その他、わからないことや不安に感じていることがあれば何でもご相談ください。