コラム|入曽駅で歯科をお探しの方は【山田歯科】まで

04-2958-6664
〒350-1316
埼玉県狭山市南入曽585 大谷ビル2F
背景色の変更:
文字サイズの変更:
  • 電話
  • メニュー
むし歯を放置するとどうなる?

皆さんこんにちは。

山田歯科です。

 

むし歯というのは、歯の痛みや不快感、噛みにくさといった症状が現れる厄介な病気です。

 

日常生活に支障をきたすことも珍しくないため、早くこの症状から解放されたいと強く願う方が大半でしょう。

 

けれども、むし歯治療には「歯を削る」という処置が必ずつきまといます。

 

それだけに、痛みがあってもそのまま放置してしまう人も珍しくないのです。

 

今回はそんな「むし歯の放置」について、どのようなリスクがあるのかをわかりやすく解説します。

 

むし歯の進行は止まらない

むし歯は風邪とは違い、自然に治ることはありません。

 

また、免疫力が働いて、その進行が停止するということもなく、確実に重症化していきます。

 

つまり、むし歯を放置する期間が長ければ長いほど、その症状も悪化していくこととなるのです。

 

歯の神経が死んでしまう

痛みなどの強い症状が認められるのは、むし歯が象牙質にとどまっている段階までです。

 

それ以上、進行すると歯の神経までむし歯菌に侵されてしまい、痛みさえ感じることがなくなるのです。

 

ここで注意しなければならないのは、痛みがなくなったことによって、むし歯が治ったと勘違いしてしまうことです。

 

歯の神経が死んでもむし歯菌は根管内に存在し、感染場所をさらに広げているのが現実なのです。

 

歯の根っこの先までむし歯菌が繁殖する

神経が死んで、歯根もボロボロになったむし歯は、抜歯する以外になくなります。

 

この状態でも放置すると、歯の根っこの先から細菌が漏れ出て、根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)という新たな病気を発症させるため注意が必要です。

 

つまり、むし歯を放置すると、終わりのない病気の拡大が続いていくだけなのです。

 

まとめ

このように、むし歯を放置することはたくさんのデメリットしかありませんので、歯の痛みや不快感が認められたら、すぐに当院までお越しください。

 

できる限り歯を削らない、痛みの少ないむし歯治療を実施いたします。