コラム|入曽駅で歯科をお探しの方は【山田歯科】まで

04-2958-6664
〒350-1316
埼玉県狭山市南入曽585 大谷ビル2F
背景色の変更:
文字サイズの変更:
  • 電話
  • メニュー
定期検診でむし歯を早期発見・早期治療

皆さんこんにちは。

山田歯科です。

 

むし歯は、早期発見することができれば、歯を削る量を最小限に抑えられますし、患者さまへの負担も小さくすることができます。

 

けれども、痛みも生じていない段階で自覚するのはなかなか難しいものです。

 

そこでおすすめなのが歯科の定期検診です。

 

初期のむし歯も発見できる

発生してまだ間もないむし歯というのは、歯の表面が少し濁ったような症状を呈します。

 

この段階で気づくことができれば、歯を削る必要さえなくなります。

 

歯が白く濁っているのは、「表層化脱灰(ひょうそうかだっかい)」という現象が起こっている証拠で、歯の内部が少し溶けていることを意味します。

 

一方、歯の表面にはまだ穴があいていないので、歯磨きをしっかり行ったり、フッ素を作用させて歯の再石灰化をはかったりすることでその進行を止めることが可能なのです。

 

小さな病変も見逃しません

定期検診では、歯科医師がお口の中をしっかりチェックします。

 

歯ぐきなども細かく診査し、歯周病が生じていないかも細かく調べます。

 

必要に応じてレントゲン撮影も実施いたしますので、歯の根っこや顎の骨の状態も把握できますよ。

 

これらは普段生活している中で調べることのできないものばかりなので、定期検診を受ける意義は非常に大きいといえるのです。

 

予防処置も実施

お口の中に何ら異常が認められなくても、定期検診では歯のクリーニングやブラッシング指導なども実施しますので、むし歯をしっかりと予防していきたいという方も積極的に受診しましょう。

 

歯磨きの方法というのは誰しも自己流になりがちなので、定期的にブラッシング指導を受けるのは非常に有益といえますよ。

 

まとめ

このように、むし歯の早期発見・早期治療を実現するには、定期検診を受けるのが一番といえます。

 

歯が痛い」「冷たいものがしみる」という具体的な症状が出てくる前に、むし歯を発見することが大切です。

 

早期治療によって失う歯質の量も少なくすることができますよ。